RJS logo ラムカムヘン日本語教育振興学校
โรงเรียนส่งเสริมภาษาญี่ปุ่นรามคำแหง
Ramkhamhaeng Japanrsr Language Educational Promotion School (RJS)

(タイ国教育省認定校)




仏暦2554年(平成23年)9月10日更新の

ラムカムヘン日本語教育振興学校の求人情報



表紙 学校案内 日本語学習コース 行事 ニュース 掲示板 アクセス 写真   求人情報  

勤務地

ラムカムヘン日本語教育振興学校(RJS) (タイのバンコク)

勤務地
Ramkhamhaeng Japanese Language Educational Promotion School
RJS

The Mall 3 Ramkhamhaeng 3f (Education Zone),
49 Ramkhamhaeng Rd., Huamark, Bangkapi, Bangkok 10240 Thailand

応募者の資格・条件についての説明

@ 年齢は一切関係なし RJSの学生は先生の年齢は気にしません。楽しくて能力が身につく授業かどうかを気にします。
A 性別は一切関係なし RJSの学生は先生の性別は気にしません。楽しくて能力が身につく授業かどうかを気にします。
B 語学力は一切関係なし 確かに、過去に、真剣に外国語(英語を含め)を勉強したことのある人のほうが日本語を勉強しようとする人の希望を汲み取りやすいかもしれません。
RJSの学生も、タイ語のできる先生のほうが最初はとっつきやすいでしょうし、簡単な日本語以外の話もできたりして親しみやすいでしょう。学生からの意外な質問に答えられない場合も出てくるかもしれません。
しかし、一番重視されるのは、楽しくて能力が身につく授業かどうかです。日本語の先生の語学能力低くても、楽しくて能力が身につく授業ができれば最初は十分です。質疑応答などで困った場合の対処は、学校にお任せください。
逆に、タイ語ができても、つまらなくて、日本語能力が身につきにくい授業ならば学生はその先生と一緒に勉強したくなくなるでしょう。
とはいっても
、タイ語もわかったほうが自分の生活が楽ですし、タイでの行動範囲や交友範囲も広がるので、タイ語はこちらに来てから生活の中で学びましょう。
C 大卒で学士号を取得した人。専攻は問いません。

RJSの学生は、先生の学歴など気にしません。楽しくて能力が身につく授業かどうかを気にします。しかし、平成22年現在、通常のケースにおいて、学士号がなければ、タイ国教育省で日本語教員としての登録手続きができません。このため、今回の教員募集も学士号、修士号、博士号のいずれかの学位の取得済み者とさせていただきます。

D

下記のA〜Dのいずれかを満たす方

日本語教員養成講座の修了者

日本語教育能力検定試験合格

日本国内外の日本語教育機関での日本語教授経験が1年以上ある方

大学などで日本語教育学を専攻或い副専攻で卒業した

RJSの学生は、先生がどこで日本語教師となるための勉強をしてきたかなど気にしません。楽しくて能力が身につく授業かどうかを気にします。ただし、日本語教育に関する基本的な知識を持って赴任していただきたいと考えております。RJSの学生も日本語教師として十分な知識を持った先生と勉強したいはずです。
E 上記のDのA〜D以外でも、日本語教師として相応しい、知識や能力を持つと思われる方 上記に以外でも、楽しくて能力が身につく授業ができ、且つ、タイ国の文部省の審査に通る方ならぜひRJSに来て教えていただきたいと考えております。この場合は詳細説明ください。

     勤務形態
専任教師

  待遇 

   給料は月額8000バーツ以上(例えば、担当時間が15時間の場合8000バーツ。担当時間が36時間の場合には20000バーツとなります)。1年目の給料は、学校の規定により、担当していただける授業数によります。なるべく週20時間以上、少なくとも週15時間は担当していただけますよう、お願いいたします。ただし、やむを得ない理由により、担当授業数が週14時間以下の場合は、給料の額は8000バーツよりも少ない額となります。また、常駐教員(担当授業のあるなしにかかわらず、学校の定休日である金曜日を除く毎日の正午から午後8時まで学校に常駐し、プレイスメントテスト、学生からの日本語教育に関する相談受付、その他、学校の手伝いをしていただける教員)に対しては、担当授業数にかかわらず、別途、常駐手当て3000バーツを支給いたします。常駐教員に興味のある方はお気軽にお問い合わせください詳細はお問い合わせください。



 住居費は給与の中から日本語教師が自己負担します。当校職員が希望に合ったお部屋探しに協力いたします。

 健康保険等は、日本語の通じる病院で診察出来るよう、民間の保険に加入します。保険加入料は学校が負担いたします。61歳以上の方の健康保険については、教員個人の負担でお願いいたします。まことに申し訳ございません。

タイに最初に入国する際のノンイミグラントの就労ビザの取得の際の費用は日本語教師負担、タイ入国後の、文部省での外国人教員登録、労働許可証取得手数料、滞在許可期限延長の手続き料は、学校負担とさせていただきます。申請の際の、写真撮影代、健康診断料は教員個人の負担とさせていただきます。 

契約期間は1年ずつの更新といたします。その1年後の契約の更新時のビザや労働許可証の延長手続料等は、学校で負担いたします。


応募方法
@ 和文履歴書(顔写真付き)
A 英文履歴書(顔写真付き)
上記2点をEメールにてお送りください。Eメールで送れない場合は郵送も可。

郵送の場合は、

Ramkhamhaeng Japanese Language Educational Promotion School(RJS) 

The Mall 3 Ramkhamhaeng 3f (Education Zone),


49 Ramkhamhaeng Rd., Huamark, Bangkapi, Bangkok 10240 Thailand

宛に、お送りください。

履歴書を受け取り次第、こちらから連絡させていただきます。


応募締切日
常時募集中です。


連絡先

Ramkhamhaeng Japanese Language Educational Promotion School
RJS

The Mall 3 Ramkhamhaeng 3f (Education Zone),
49 Ramkhamhaeng Rd., Huamark, Bangkapi, Bangkok 10240 Thailand

担当者 Shida
電話             +66-2-318-8723       

日本人直通携帯電話 +66-80-615-1000Shida)


FAX
             +66-2-318-8723       
E
メール 
daichi@asianet.co.th


備考

学校は、タイ国文部省により正式に認可を受けた、設立から12年目のバンコクにある日本語学校です。学生数450名程度、日本人専任講師9名の日本語教育専門の学校です。タイ人用の日本語書籍等も用意し、タイ国内でも密度の濃い日本語学習ができるようにすることを目指しております。
場所はバンコク東部のバンカピ区にあり、ラムカムヘン大学という在学者数10万人以上といわれる、タイで最も学生数の多い国立大学の近くの、ザモール3 ラムカムヘンというショッピングモールの中の3階のエデュケーションゾーン内にあります。学校の周辺は学生街で、ラムカムヘン通は毎日夜中まで出店がたくさん出ており、タイ人の若者たちで賑わっています。
バンコクは全体的にそうですが、この辺りは、治安も非常に良く、常識的な生活をしている限り、昼夜を問わず、安心してのびのびとした生活をすることができると思います。是非、日本語教育を通じて、タイ人の若者たちと有意義な交流を楽しめることとと思います。希望があれば、日本語クラス運営に関する指導の時間も設けます。タイ語については、現在、勉強するコースも設ける予定です。少し時間をください。現在、いいタイ語学校を作れるよう努力しています。
学生の日本語学習レベルは入門者から日本語能力試験の2級ぐらいのレベルです。今年(2011年)も12月の第一日曜日に行われる日本語能力検定試験対策のN4〜N1級までのの講座をを開講中です。
学校は、学生街の中にありますが、日本語の勉強に来るのは大学生だけではなく、学習者の年齢層は中学生・高校生から60代の社会人までと幅広いです。学習の動機は留学の準備や、大学受験対策、職場で使いたい、就職試験対策、趣味、など、さまざまです。授業形態は個人授業、クラス授業があります。クラス授業における学生の人数は、入門者用クラスで10人ぐらい、それ以上のレベルでは5人〜8人ぐらいです。また、これから日本に行こうとしている技能実習生向けのクラスも、学校外にある研修センターで行っております。
日本語学習に真剣な学生と一緒に切磋琢磨していきましょう。準備したらしただけの反応は返ってきます。授業は基本的には直説法で教えています。当校は、「朝何時には出勤しなければならない」というような、授業時間以外の拘束時間はありません。ご自身の授業の準備に合わせて、時間と学校施設を最大限有効活用し、自分の担当する授業に責任持って当たっていただければ幸いです。日本語教師の経験のない方も、十分な準備をしてから教壇に立つことが出来ると思います。
また、常駐教員(担当授業のあるなしにかかわらず、学校の定休日である金曜日を除く毎日の正午から午後8時まで学校に常駐し、プレイスメントテスト、学生からの日本語教育に関する相談受付、その他、学校の手伝いをしていただける教員)に対しては、担当授業数にかかわらず、別途、常駐手当て3000バーツを支給いたします。常駐教員に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
  初めて、海外で日本語を教えてみたいという方にとって、最適の場ではないかと思います。健康でやる気に満ちた方のご応募を楽しみにお待ちしております。 ご応募お待ちしております。日本語教育について学びながら、日本語を学ぶ学生たちとともに成長していきましょう。
  月に一度のペースで、教師全員集まっての勉強会等も行っております。

 

 

学校の雰囲気等の参考に下記の写真も参照ください。

 

表紙 学校案内 日本語学習コース 行事 ニュース 掲示板 アクセス 写真   求人情報  

 

問い合わせ,ご応募は、

 daichi@asianet.co.th  

の志田まで ご連絡ください。

 

授業風景

 

学校風景

 

 

学生風景

 

 

イベント

 

  

表紙 学校案内 日本語学習コース 行事 ニュース 掲示板 アクセス 写真   求人情報  


合計 sweet candy 無料カウンタ  昨日 sweet candy 無料カウンタ 今日 sweet candy 無料カウンタ